学校施設

学校周辺の豊かな自然を学習環境に取り入れたい
 
そんな思いがたくさん詰まった大井高等学校の施設を紹介します。
    
    

下駄箱 一般教室 ふれあいテラス 自主学習スペース
生徒が毎日使う下駄箱は、木製で親しみのある素材を使っています。これは30周年を記念して地域の方の協力のもと設置されました。 生徒が主に学習する場所が一般教
室です。教室の前方には大きな黒
板、後方には木材で作られたロッ
カーがあります。クーラーも完備
されていて、真夏でも涼しい環境
で学習できます。

下駄箱の脇に設置された「ふれあいテラス」は生徒の憩いの場になっています。木を基調に作られ、看板は生徒がデザインしました。 クリエイティブスクールが始まっ
て設置された職員室前にある自主
学習スペースです。学習のほかに
、進路相談などで使用されます。
テニスコート 弓道場 ピロティ グラウンド
テニスコートは2面設置されてい
ます。1面は人工芝、もう1面は土
のコートを設置しており、レベル
の高い練習ができます。
県内の公立学校でも数が少ない弓
道場を設置しています。弓道部が
主に練習で使用しています。
体育館下にあるスペースはピロティと呼ばれます。例えば雨の日でグラウンドが使用できないときに授業や部活動で使用します。 広いグラウンドには、天然芝が
植えられています。ケガの予防
などに効果があり、活発な運動
をサポートしてくれます。
図書室

校舎の2階にある図書室はさまざまな分野の本が多数そろっています。ファッション雑誌なども用意されており、気軽に本と接することができます。